乾燥ニキビを悪化させない!ファンデーション選びのポイントと塗り方

肌荒れ、ニキビなどの肌トラブルが起こるとついついファンデーションを厚塗りしたり、コンシーラーでごまかそうとしてしまいますよね。

 

特に30代に近づくにつれて起こりやすい乾燥ニキビは大人女子の大敵です。

 

とりあえず隠せればいいと、間違ったファンデーションを使っていたり、塗り方を間違えていると、乾燥ニキビが治るどころか、悪化してしまう恐れがあります。

 

逆にファンデーションを塗ってしまうことで、乾燥ニキビがさらにひどくなるので、何もメイクもしないという方もいますが、メイクをしないまま外出したりすると、紫外線や外的刺激などを直接肌に受けてしまい、余計に乾燥ニキビが増えてしまうことも。

 

乾燥ニキビが出来ても、正しいファンデーションを選び、塗り方をマスターすれば、安心してファンデーションを塗ることができます。そこで、乾燥ニキビができても安心のファンデーション選びのポイントと塗り方をまとめてみました。

 

 

<乾燥ニキビに負けないファンデーションのポイントとは?>
乾燥ニキビが出来ている時は肌が普段より敏感になっています。

 

その時にリキッドタイプ、クリームタイプ、パウダータイプなどを使ってしまうと、肌に刺激を与えてしまい、より乾燥ニキビを悪化させる原因になります。

 

そこで乾燥ニキビができた時に使っていただきたいのが「ルースタイプのミネラルファンデーション」です。

 

ルースタイプのミネラルファンデーションには、界面活性剤が少なく、乾燥ニキビで敏感になっている肌状態でも安心して使用することが出来ます。

 

界面活性剤が多く含まれているパウダーファンデーション等の固形型ファンデーションは、乾燥ニキビがある肌状態には不向きで、ニキビを刺激し、悪化させる可能性があります。

 

<正しいファンデーションの塗り方>
ファンデーションの塗り方を間違えてしまうと、せっかく乾燥ニキビがあっても使えるファンデーションで塗っても、乾燥ニキビを悪化させてしまう原因になります。

 

まず、ルースタイプのミネラルファンデーションを全体に塗ります。気になる乾燥ニキビに塗りたくなりますが、まずは乾燥ニキビを避けて、顔全体にファンデーションを塗ってください。

 

最後にスポンジ、またはファンデーション用ブラシで残ったファンデーションの分だけでちょんちょんと塗ればOKです。

 

厚塗りしたくなりますが、乾燥ニキビを厚塗りすると却って目立ってしまいます。乾燥ニキビを出来るだけ早く治すためにも、正しいファンデーションの塗り方をマスターしておきましょう!

 

 

<乾燥ニキビに効くおすすめ化粧品>
どんなに上手く乾燥ニキビが隠せるようになっても、やっぱり素肌がキレイなほうがいいですよね。

 

そこで、乾燥ニキビに効果があると口コミや美容関連メディアで話題になっているだけでなく、多くの芸能人やモデルが紹介しているオールインワン化粧品の「エクラシャルム」を使ってみてはいかがでしょうか?

 

エクラシャルムには乾燥ニキビに効果的な有効成分のグリチルリン酸ジカリウムが配合しており、ニキビの原因を内側から改善します。

 

それだけでなく、美肌になるには欠かせないプラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸、エスラチンが豊富に含まれているので、ニキビができないハリのあるつるつる肌になれると話題になっています。

 

洗顔後、エクラシャルムを塗るだけでいいので、化粧水、美容液、乳液、クリームと面倒な手間がかからないのも嬉しいですね!

 

今なら公式サイトで先着300名様に限り初回980円のキャンペーンを行っています。

 

乾燥ニキビを改善したい方はぜひエクラシャルムでツルスベ肌を目指してくださいね!

 

→エクラシャルムの公式サイトはこちら